相性が悪かっただけ

辛い失恋を経験すると、新しい出会いの機会や次のチャンスを敬遠しがちになってしまう人は多いかもしれません。
失恋をすると、「自分のどこが悪かったのだろう」「どうすれば別れずに済んだのだろう」と、自分を責める気持ちや後悔が募り、落ち込んでしまうものです。
ですが、失恋というものは、二人のうちのどちらかに原因があった結果というわけではありません。
少しずつ、お互いに対する思いやり、労わる気持ちを欠いたことも一因なのです。
「恋愛関係においては、お互いを思いやり、労わることが大切なのだ」ということを忘れないように、次のステップ、新しい恋へと進むことをお勧めします。

それでもまだ新しい恋について前向きに考えられないのであれば、「相性が悪かった」という一言で、前の恋にケジメをつけてしまいましょう。
恋愛だけでなく、ほとんどの人間関係において、相性の悪い人とはうまくやっていけなくて当然なのです。
そう考えれば、自分を責める気持ちや後悔も薄れるはずです。

「また恋がしたい」「次は失敗しないように、きちんと相手と向き合いたい」と新しい恋に前向きになれたら、自分に合う相手を簡単に探せて、コミュニケーションが手軽に取れるスマートフォン向けの出会いアプリを使ってみてはいかがでしょうか。
アプリ内には、メッセージ機能をはじめブログや掲示板など様々なツールがあり、自分の使いやすい方法で気になる相手にアプローチしやすいのです。

そうして新しい恋に出会い、交際できた新しい恋人との相性が良ければ、前の恋人とは相性が悪かったのだということが改めて理解できて、未練や後悔もなくなるでしょう。
失恋という辛い出来事に、つい立ち止まってしまう人は多いですが、「前の恋人とはたまたま相性が悪かったのだ」と、終わった恋についてはきっぱりと気持ちを切り替えるのが一番です。
傷ついた心を癒やしたい、助けたいのであれば、新しい恋に踏み出してみましょう。