恋は本来楽しいもの

失恋の経験は、心身に大きなストレスを与えるものです。その悲しみや痛みを引きずる人も多いのではないでしょうか。しかし、失恋とはどちらか一方だけに非があった結果とは言い切れないのです。失恋について長く考え込んだり、自身を責め続けたりして精神的なダメージを大きくするのはやめるべきでしょう。カップルが破局する最終的な原因は、お互いに対する思いやりの気持ちが足りなかったことです。「相手との相性が悪かったのだ」と割り切って、次の恋、新しい出会いへ進むことをお勧めします。

もし、自分に非があったのではないかと思う原因があるのなら、そうさせた元恋人に責任転嫁してしまってもいいでしょう。ただし、それは心の中で思うだけにとどめて、決して表に出さないようにしなければいけません。そうしてプラスになることはひとつもないからです。ただ「元恋人との相性が悪かった」「元恋人に見る目がなかった」と思えば、そのうち失恋の痛手も癒え、次の恋へと前向きな気持ちに切り替えることができるようになるはずです。

そうして終わった恋にケジメがつけられたら、新しい恋への準備をしましょう。そのための、出会いの場としてお勧めなのが最近人気のスマートフォン向けの出会いアプリです。なぜアプリがお勧めなのかというと、プロフィール検索で自分に合いそうな相手が探せるうえに、気になる人を見つけた際にメッセージ機能やブログ機能を活用して相手について情報収集しやすく、アプローチも簡単だからです。自分との相性の良し悪しを考えてからアプローチすれば、カップルが成立する確率はぐんと高くなります。「また失敗してしまうのではないか」といった不安も払拭できるでしょう。

過去のものとなってしまった恋も、二人が出会い、交際をスタートさせた時は様々な楽しみや喜びをもたらしてくれたはずです。「相性が悪かった」と割り切って新しい恋へと目を向けられれば、またそのような幸せに出会えるのだと思い出して、出会いアプリを活用するといいでしょう。